脱毛の基本

脱毛って痛い?部位ごとの痛み&痛みを抑える方法

脱毛って痛い?部位ごとの痛み&痛みを抑える方法

全身ツルツルの肌を手に入れたいと思っているものの、脱毛時には強い痛みを伴うという話を聞いて躊躇しているという女性も少なくありません。

口コミなどを調べてみても、刺激に対するマイナス意見が見られますので、不安視している方も多いでしょう。

  • 脱毛はどれくらい痛いのか?
  • どこの部位が一番痛みを感じやすいのか?
  • 痛みを和らげる方法や対策はあるのか?
私の実体験とエステ・クリニックで脱毛経験のある方の経験談をもとに、脱毛するときの痛みについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

脱毛時の刺激の程度について

涙が出るほど痛い、思わず歯を食いしばってしまったといった声も聞かれる脱毛ですが、この痛みの原因は照射時に毛根に高熱を与えることで、隣接する肌に刺激が伝わることにあります。

ただ、よく熱した薬缶に触れた時のように、ゴムで弾かれたようにと表現されるように、瞬間的に感じてすぐに引く程度のもので、後を引くものではありません。

脱毛方法によっても感じ方が異なる

サロンの光脱毛は冷やしながらの施術で強い刺激を抑えられますが、永久脱毛が可能なクリニックのレーザー脱毛は効果が高い分、痛みを感じやすいという違いがあります。

ただ、このレーザーは波長の長さによって刺激が異なり、波長の短いアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、最も長いヤグレーザーの順に痛みを感じにくくなるのも特徴です。

個人によっても刺激の程度に差がある

同じマシンで同じ出力による照射を行っても、痛みの感じは個々によって異なります。

また肌の色が濃い方、ムダ毛が濃い方ほど刺激を受けやすくなりますが、痛みに強い方は耐えられますし、光脱毛程度の刺激でも我慢できずに施術を中断してしまうという方も珍しくありません。

全身の部位によっても刺激が違う

全身のパーツは皮膚の厚み、皮膚の色、神経の通り具合によっても違いがあり、その差でも痛みの感じやすさが異なってきます。

脱毛をする際にも施術をする側が細かく出力調整を行い、痛みへの対策を行っているのです。

痛みを感じやすい部位は一体どこ?

照射の際に刺激を受けやすいのは、皮膚が薄い部位と肌色が濃い部位、そして血管や神経が集まっている敏感な部位です。

皮膚が薄く色素沈着しやすいワキ

ワキは触れられるとくすぐったさを感じることからもわかるように、細かく神経が通っています。

服に擦れたり長年の自己処理により皮膚が色素沈着している方も多いこと、太く濃い毛が密集していることから、照射による高熱によって強い刺激を受けやすくなります。

皮膚が敏感なVIOライン

デリケートゾーンは他の部位と比較して色が濃いことから、光がムダ毛以外に皮膚にも反応しやすくなり、慎重に施術を行わなければなりません。

ワキ同様に濃い毛が生えていることから、鋭い痛みを感じます。

濃い毛が生えていない産毛のみの顔も要注意

光やレーザーは黒い色に反応をして高熱を発するため、皮膚の色が濃くムダ毛も太いほど痛みを感じやすいのですが、産毛しか生えていない顔の脱毛でも強い痛みを伴いがちです。

全身の中でも特に神経が集中している大事な部位であること、皮膚が薄く刺激を直に感じやすいことが原因で、ムダ毛に伝わる熱量が少なくても注意が必要です。

施術時の痛みを軽減させるコツ

脱毛の際の痛みに対しては、しっかりと冷やしながら照射を行うことである程度軽減させることが可能ですし、施術を行うサロンやクリニック側も利用者に負担がかからないように最大限配慮をしています。

それ以外にも、利用者側が心がけることで、さらに快適な施術を受けることが可能です。

生理中は脱毛を避けること

生理中は普段とは異なるホルモンバランスになり、肌が外部刺激に対して敏感に反応をします。化粧水が合わなくなったり、ニキビができやすくなるといった変化を感じる方も多いでしょう。

通常、生理中の脱毛をお断りしているサロンやクリニックがほとんどですし、ワキや顔など下半身以外の脱毛が可能であっても、痛みを感じやすい時期に無理をする必要はありません。

普段からしっかり保湿ケアを行う

油分と水分がバランスよく保たれている肌は、バリア機能が強化されます。逆に乾燥している肌は保護機能が衰え、照射時に痛みやすくなるのです。

脱毛を受けている間は特に念入りに、保湿ケアに励んでください。

日焼けをしないように注意をする

白い肌よりも、日焼けをしている色黒肌のほうがメラニン色素に反応をしやすく、刺激を受けやすくなります。

あまりにも過剰に日焼けをしすぎてしまうと火傷のリスクが高まり、施術自体お断りされることもありますので気をつけておきましょう。

刺激が強いレーザー脱毛で痛みを抑えるポイント

効果は高いものの、光脱毛以上に痛みを感じやすいクリニックのレーザー脱毛ですが、対処方法さえ覚えておけばストレスを軽減することが可能です。

いざという場合には麻酔を処方してもらう

医療機関ですので、治療の際に患者に負担がかかるようであれば麻酔を処方してもらうこともできます。特に痛みを感じやすい敏感な部位を脱毛する際には相談をしてみてください。

クリニックによっては、追加料金もかからずに使うことも可能です。

肌のコンディションを整えておく

クリニックでの施術でもサロン同様に、普段からしっかり保湿をすること、日焼けをしないように対策をしておくことが大切になります。

肌が白く水分量が多いほど痛みを感じにくくなりますから、いつも万全の態勢で脱毛できるように心がけておいてください。

痛みに対して積極的な対策を行っているクリニックに通う

痛みの少ないマシンを導入していることを謳っていたり、塗布する麻酔だけではなく、リラックス効果のある笑気麻酔を利用できるといった、不安を和らげる対策を強化しているクリニックであれば安心して通いやすいですよ。

施術時の痛みに関する疑問点

痛みが強いほうが効果も得やすいというのは本当?

痛いからといって効果も強く出るということは一概には言い切ることができません。

痛みの原因はムダ毛に伝わる熱量でもあり、毛根へのダメージ量にも比例しています。我慢が難しいようであれば、早めにスタッフに伝えるようにしてください。

どのようにアフターケアすればいいのか

基本的には、しっかり保湿をすることが重要になります。そして施術後はトラブル回避のためにも激しい運動をしたり、熱いお風呂に入って体温を上げないようにすることが大切です。

紫外線対策も徹底して、直接日差しを浴びないようにしておきましょう。

痛み対策をすれば快適な脱毛が可能

施術時の痛みを完全に避けることは難しいものの、しっかり対策をしておけばかなり軽減することができますし、施術時のストレスもかからなくなります。

長期間通うことになりますので、自分にできることはきちんと行っておくことが大切。気持ちよく脱毛を続けて、快適なツルツル肌を目指してください。